1. >
  2. >
  3. 呼んだら来てほしい!名前の覚えさせ方

呼んだら来てほしい!名前の覚えさせ方

猫に自分の名前を覚えさせたい

猫を飼い始めたら、誰しもが猫に名前を付けるでしょう。
名前を付けたからには猫の名前を呼んだ時に、猫から歩み寄ってほしいものです。
しかし、そもそも猫は自分の名前を認識する生き物なのでしょうか。
結論から言うと、猫自身は自分の名前を認識することは難しいということです。

認識できないということではありますが、猫の名前を呼んだ時に猫が自分の元に来てくれないかと言うと、一概にもそうではありません。
猫は自分の名前を認識することはできませんが、名前を一つの音として認識することはできますので、その習性を利用して猫に自分の名前を覚えさせることは可能です。

猫に名前を覚えさせるコツ①

猫は自分の名前を自分で認識することはできません。
しかし、音と関連付けをすることで少し意味は異なってきますが、自分の名前を覚えさせることは可能です。

その音という部分ですが、猫にも覚えやすい音と覚えにくい音がありますので、猫が覚えやすい音を把握しておくことが大事です。
それでは猫が覚えやすい音とはどのような音なのでしょうか。

それは濁音です。
人間にとって濁音と聞くと、あまり覚えやすいというイメージはないかもしれませんが、猫にとっては濁音は覚えやすい音の一つなのです。

その濁音の中でもガ行、ザ行、ダ行が猫にとっては覚えやすい音なので、この濁音を含めた名前にすると猫は自分の名前を覚えやすいということになります。
更に濁音に加えて、名前は長くするのを避け、出来る限り短い名前にすると人間と同様に覚えやすいです。

猫に名前を覚えさせるコツ②

猫に自分の名前を覚えさせるコツの一つに人間と同様の原理があります。
それは猫の名前を呼ぶときに必ず目を見て名前を呼んであげることです。

猫だけに限らず、動物にとって目を見つめ合うということは非常に重要な役割を持っていて、猫も目を見られながら名前を呼ばれると何か大事な意味が含まれているという認識を持ち、名前を呼んだ時に反応しやすいということが分かっています。

従って、猫に少しでも早く名前を覚えさせたいのであれば、目を見て名前を呼ぶことが重要というわけです。

猫に名前を覚えさせるコツ③

猫は自分の名前を認識することはできませんが、音と関連付けて覚えてもらうことは可能です。この原則を知っていれば、猫に名前を覚えさせることができます。

猫にしつけをすることがあるかもしれませんが、しつけをするということは基本的には猫を叱るということですので、この叱る場面では猫の名前を使わず、逆に褒める時にたくさん猫の名前を呼ぶことで猫は自分の名前を音で関連付けしますので、褒める時には猫の名前をたくさん言うようにしてあげましょう。