1. >
  2. >
  3. NGな叱り方とは

NGな叱り方とは

叱り方を間違えると逆効果!

なぜか愛猫が自分のことを避けているような気がする、そんな場合には、猫の叱り方を間違えている可能性があります。
猫をよく観察してみてください。

なんだか怯えたように飼い主を見ることもあるかと思います。
間違った叱り方をしてしまうと、人間不信に陥り、ビクビクした性格になったり、あるいは、攻撃的になったりする恐れがあります。
猫には猫に適した叱り方がありますので、愛猫との信頼関係を壊さないためにも、NGな叱り方と、正しい叱り方についてきちんと把握しておきましょう。

NGな叱り方とは

猫に限らず、どんなペットでも、体罰をするような叱り方は絶対に不適切です。
叩く、殴る、蹴る、物を投げるといった行為は、愛猫の命に関わる可能性もあり、怪我をさせてしまう恐れがあります。
NGな叱り方をして、恐怖心を植え付けてしまったら、飼い主と猫との信頼関係も崩れて修復不可になってしまいます。

また、猫に対して、人間の子供ように、グチグチと説教をしても、馬の耳に念仏、意味のない行為ですのでやめておきましょう。
猫は全く理解してくれませんので、飼い主だけが無駄に疲れてしまいます。

さらに、叱るときに、愛猫の名前を呼ぶのもあまり良い方法ではありません。
自分の名前に対して、猫がマイナスイメージを植え付けられて、名前を呼んだときに、「また叱られる」とマイナスイメージを思い出し、側に寄り付かなくなってしまいます。
なりますが、なるべくなら、冷静に、落ち着いて対処してください。

上手な叱り方とは?

 
猫に対して「褒める」「叱る」でしつけをするよりも、「これをしたら良いことがある」「これをしたら嫌なことがある」というイメージを覚えさせると効果的です。
たとえば、イタズラ中に、飼い主がしているとは気づかれないように、猫が嫌いな音をさせるのです。

手でパン!と叩く音でも大丈夫です。
これを繰り返すと、そのイタズラ行為は徐々になくなっていきます。