1. >
  2. >
  3. 夜鳴きの原因と対策

夜鳴きの原因と対策

猫が夜泣きする

猫は寝ている時に夜泣きをすることがあります。
夜泣きをするのは原因があるのですが、どういったことが原因なのでしょうか。
寝てほしい時に夜泣きをして寝られないという人も多いのではないでしょうか。
飼い主をけっこう悩ませる夜泣きですが明け方とか夕暮れ時に活動をするのが猫なので、夜泣きに困っている人は多いです。

鳴き声が気になって眠れないということもあります。
近所迷惑になることも多いです。
原因を知ることで効果的に対応することができます。

猫が夜泣きする原因ですが、まず生活時間の違いがあります。
猫は薄明薄暮性で薄暗い明け方とか夕暮れに活発になるのが大きな特徴です。
人間は寝る時間に騒いで迷惑になると感じている人も多いです。

他にもおなかが空いて夜泣きするのが大きな特徴です。
おなかが空くと深夜とか早朝に鳴く猫は多く鳴くたびにエサとかおやつをあげている人も多いです。

ただ、鳴くたびにエサとかおやつをあげると太って肥満になりやすいので注意です。
朝はあまりエサをあげないようにしてよるにフードを多くあげる、というように工夫をするのも大事です。

きれい好きな猫はトイレが清潔でないと気が済まないのです。
汚れたトイレを嫌がって排泄を我慢することもあります。
寝る前にキレイにしておいて飼い主が寝ている時も猫がトイレを快適に使えるようにするのがポイントです。

ごはんを食べてトイレもキレイだけど夜泣き

特に夜泣きする原因がないのに夜泣きするのは、子猫とか保護したばかりの猫だからというものがあります。
さみしさとか不安で夜泣きしていることも多いです。
甘えん坊の猫もいますし、そんな猫は夜泣きしやすいのが特徴です。

飼い主の臭いがついた服とかタオルを猫のベッドに置くのも良いでしょう。
湯たんぽを布でくるんであげると落ち着いて眠れる猫も多いです。
部屋を真っ暗にしている時は豆電球をつけると猫は安心して眠れるようになります。

老猫の夜泣きですがこちらは要注意です。
老猫で目とか耳が不自由になり、その不安で夜泣きすることもあります。
認知症の症状で夜泣きすると猫の老化のトラブルもあります。

猫は病気が原因で夜泣きすることもあります。
たとえば甲状腺機能障害等でホルモン異常が起きて発情期のように鳴き方が変わることもあります。
これは動物病院に診てもらうのが良いでしょう。

動物病院に診てもらうことで何が原因なのか病気も知ることができるようになります。
夜泣きが多くなったとか高齢猫で普段と違うという時は診てもらうことで効果的に対応することができます。
いつもと少し違うというものがあれば、すぐに動物病院に診てもらうのが良いでしょう。
夜泣きは原因も多岐にわたります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です