1. >
  2. >
  3. 家出対策をしよう

家出対策をしよう

発情期

去勢・避妊手術をしていない猫には発情期があります。
この時期になると、パートナーを求めて外に出たがります。
手術をしていない猫が外を気にしてよく鳴くようになったら要注意です。

望まない妊娠や、野良猫を増やす原因になってしまいますので、去勢・避妊手術を受けるということを考えましょう。
猫を飼う上で、飼い主が必ず考えないといけないことです。繁殖を望まないのであれば、手術を受けるようにしましょう。

迷子で帰れなくなった

室内で飼われている猫が外へ出てしまうと、野良猫のテリトリーに入って喧嘩になったり、追われて知らない土地まで行ってしまって帰れなくなるケースがとても多いです。
あるいは、面白い対象物を見つけて、夢中になって追いかけていたら知らない土地だった、ということもあります。

この場合は、猫の首輪に迷子札を付けておいて、飼い主の連絡先がわかるようにしておきましょう。
事故や怪我を負っている可能性もありますので、誰かに保護されたり、保健所に連れていかれている可能性もあります。
最近では、マイクロチップを埋め込むということもできますので、猫の「もしも」のために、必ず対策をしておきましょう。

家の居心地が悪い

猫はとてもデリケートで、神経質なこだわりをもった生き物です。
身の回りの環境が自分にあっていなければ、家出をしてしまうこともあります。
新しい猫が家族に加わり、その後住猫が気に入らなかったり、自分の場所が奪われたと感じてしまったりします。

あるいは、食事やトイレの位置が気に入らない、ベッドやトイレも常に汚れていて不満があるなど、環境ストレスを抱えている場合に、新しい場所を求めて家出をしてしまう恐れがあります。
引越したり、新しい猫が来たときには、猫の変化に十分に注意が必要です。

また、家出をしょっちゅうするのであれば、今一度食事やトイレなど見直してみてください。
ストレスに感じていないか、順応できているかなど、小さな変化も察してあげるようにしましょう。