1. >
  2. >
  3. 猫が気に入る猫砂の選び方

猫が気に入る猫砂の選び方

猫が気にいる猫砂

猫が気にいる猫砂はどのようなものがあるのか知らないという人も多いです。
素材別に猫砂を選ぶこともできるのですが、ポイントは多岐にわたるのが大きな特徴です。
犬と違って猫のトイレは猫砂を入れる必要があります。

この猫は種類豊富にあり、どれを選んだら良いのか迷うこともしばしばです。
素材別にメリットもあればデメリットもあるのでどれが良いのかまとめました。

猫砂は大きく分けて2つのタイプがあります。
たとえば、カゴのようにトイレに直接、猫砂を入れるタイプのものとシステムトイレに使用するものです。
システムトイレは上にすのこ状のカゴと下にトレーの二重構造になっているもののことです。

猫が好むのは鉱物系の猫砂です。
鉱物系猫砂は固まる、主原料はベントナイトです。
形状は細かい形状で小さいペレット状になっていて重さもあります。
価格は安価で購入できる物が多いです。

これのメリットはがっちり固まるので掃除が楽になるのです。
猫が好む鉱物系猫砂で消臭力が強いのも魅力です。

デメリットはほこりが立ちやすいです。
特に砂状のタイプはほこりが充満しやすいので注意です。
散らばるとじゃりじゃりするのが砂状です。

猫砂の選び方

猫砂は消臭力に重点を置いて選ぶのが効果的です。
トイレと切り離せないのが排泄物の臭いです。
家中が猫のトイレの臭いになることもあります。

猫砂を変えて臭いの解消する人も多いですが消臭は大事です。
消臭効果の高い砂を使用すると交換頻度も減らすこともできるのです。
猫とコストパフォマンスの両面では消臭力のある猫砂が良いでしょう。

掃除がしやすい猫砂も良いでしょう。
消臭力の次に大事なのは猫砂の掃除のしやすさと言っても過言ではありません。
掃除の手間もそうなのですがトイレに流せるとか飛び散りにくい、1ヶ月交換不要というものがあります。
猫も人も快適に使える猫砂を選ぶと効果的です。

猫のこだわりですがベッドとかおもちゃといった猫グッズを買っても猫が使わないこともあります。
猫砂も猫が使わないこともあるので重視するのは臭いと触感です。
猫砂の臭いは木とか紙とかおからと多岐にわたります。
香料を使っている猫砂もあるので、香料が苦手な猫はトイレをしないことも多いです。

触感はトイレに入って踏んだ時の感覚です。
猫砂は足が沈んだり、肉球に挟まることもあります。
チクチク痛いという猫によってはこだわりもいろいろです。

こうした猫のこだわりについて知っておくと、猫砂も効果的に選ぶこともできるので買う時はこの点は覚えておきましょう。
買う時に参考にしたい点も多いです。
猫砂は値段以外にも触感とか臭いも大事です。
猫が好きな鉱物系猫砂もあるので買う時の参考にすると重宝すること間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です