1. >
  2. >
  3. ショートヘアが特徴的!ピーターボールド

ショートヘアが特徴的!ピーターボールド

ロシアで発見された無毛猫をもとにした品種

「ピーターボールド」は1988年にロシアで発見された無毛猫をもとにして作られた品種です。
日本ではあまり人気は高くありませんが、海外ではほとんど体に被毛を持たない無毛猫種が高い人気となっており、ピーターボールドも「スフィンクス」や「ドンスコイ」といった有名品種同様に多くの人から飼育されています。

一見すると無毛品種はどれも同じで区別がつきにくいのですが、それぞれの猫には独特の違いが見られます。
「ピーターボールド」の最大の特長は、全く無毛のように見えて体の表面には桃の実のようなうっすらとした産毛が生えていることです。

体型は「オリエンタルショートヘア」によく似ており、ほっそりとした長い手足と小さな顔、大きな耳と細い尻尾をしています。

それもそのはずで最初に発見された猫を品種と定着するためにかけ合わせたのが「ドンスコイ」と「オリエンタル・ショートヘア」であるからです。
その後認定団体より正式に猫種として認められることになりましたが、まだCFAでは未認定のままとなっています。

完全に無毛であるスフィンクスと比べて少量ながら被毛を持つピーターボールドは、顔の周りにヒゲがある個体も見られます。

ピーターボールドの中にも毛の長さによっていくつか種類があり、中にはスフィンクスに近い完全に無毛なものも見られます。

世界でも希少種であることから入手はかなり困難であり、特に日本においては国内でブリーディングをしているところがほぼないため海外からの取り寄せとなります。

性格は元気で活発

ピーターボールドは被毛が少ないことから体型がはっきり見えます。
体型はほっそりとしていますが筋肉量は多く、細長い首と長くしなやかな四肢は健康的で美しい曲線を描きます。

賢い猫であるとともに好奇心が強く積極的なので、飼い猫として飼育をしていると室内をかなり激しく動き回ります。
遊びが好きで人馴れもよいため、一緒に遊んであげるととても喜びます。

一方で被毛が少ないことから直射日光に弱く、気温の変化に合わせて体温を調節するのが苦手です。
また転倒や落下による怪我も起こりやすく、皮膚を飼い主さんの方で守ってあげる必要があります。

室内で飼育する場合にはUVカットができるカーテンをつけたり、室内にある尖ったものを片付けたりするなど細かい配慮をしてあげましょう。

また室内の温度変化が極端にならないように年間を通じてきちんと空調をつけるようにし、同時にキャットタワーや動きのあるオモチャなど思い切り体を動かせる設備を整えてあげるのが理想です。

なお無毛種は他の猫と比べて熱中症にかかりやすいという特長がありますので、夏場の暑い時期に留守番をさせる時には十分注意です。