1. >
  2. >
  3. 縞模様がかっこいい!ジェネッタ

縞模様がかっこいい!ジェネッタ

野性的な見た目とギャップのある短足が魅力の「ジェネッタ」

「ジェネッタ」は、今世界的に大流行している「ベンガル」に代表されるようなサバンナの肉食ネコ科に似た毛並みを持った猫種です。

野生の猫らしい毛並みを持った猫としてはベンガルが絶対的な人気となっていますが、このジェネッタはそれとは異なり短い足を持っているということが特長になっています。

ジェネッタが猫種として登場したのは2006年とごく最近のことで、ベンガルキャットが有名になってきたということを受けて、別の人気猫種であるマンチカンを目指して交配が進められました。

なおジェネッタのもとになったのは「アフリカンジェネット(アフリカジャコウネコ)」という全く別の動物で、この動物に近い猫を作ろうという目的でマンチカンやベンガル、サバンナといったものが交配に利用されました。

一応品種として通名が付けられるに至りましたが、米国の品種認定団体TICAにおいては2006年からの「実験種」という位置づけになっています。

そのため飼い猫として購入しようとする場合にはかなりルートが限られており、もしブリーダーと交渉して譲ってもらっても成長にしたがって元の品種に近い姿になってしまうこともよくあります。

ジェネッタを巡っては明らかに特定の形状にするために交配をしたという「デザイナーズキャット」という批判を受けることもあり、それが知名度の広がりを妨げている現状があります。

今後有名な猫種となるポテンシャルがあります

「ジェネッタ」という品種名は現在全く有名ではなく、ブリーディングやペットショップで勤務をする人以外で詳しく知っている人はほとんどいません。

しかし過去に人気のでた犬や猫の品種の多くは、何らかのきっかけで有名人に飼育されるようになったことがきっかけとなっています。

現在のところジェネッタを飼育していると公言している芸能人は有名人はおらず、そのため知名度がなかなか上がらないという問題があります。

とはいえジェネッタは大人気のベンガルとマンチカンの2つの特長を併せ持った夢の品種であり、今後世間的に注目を受けるチャンスさえあれば一気に人気が高まる可能性もあります。

ジェネッタの性格は大人しくて賢く、飼い主さんのことをよく気にするタイプの猫と言われます。
住宅に先住猫がいる場合や、犬やウサギなどほかの動物を飼育している場合においてもジェネッタは自分からコミュニケーションをとり、うまくやっていくことができることでしょう。

反面で運動量が非常に多い猫であることからあまり室内が広くない人や行動範囲が狭い人などにはちょっと苦労をすることもあるようです。

しかし全体としては飼いやすい部類の猫ということができ、長く付き合っていくことができる家族になってくれることでしょう。