1. >
  2. >
  3. 野性味が強いアメリカンボブテイル

野性味が強いアメリカンボブテイル

北米地帯の土着猫が先祖の「アメリカンボブテイル」

「アメリカンボブテイル」は北米大陸で自然発生をした土着の猫をもとにした品種です。
もともと野生猫であったということもあり、ルックスからして非常にワイルドで、筋肉質で大柄な体型をしています。

原種が発見されたのは1960年代のことで、アリゾナ州のリゾートで休暇を過ごしていた若いカップルであるジョンとブレンダという二人がドライブ中に立ち寄ったインディアン保留地で出会った1匹の猫が発端です。

この猫はアメリカでは珍しいボブテイルという短い尻尾を持っており、可愛らしい見た目をしていたことからそのまま自宅に連れ帰り飼い猫として育てるようにしました。

そこでもともと飼育をしていたシャム猫と交配をさせたところ、同じようにボブテイルを持った猫が生まれました。
新たに生まれた猫を知人の猫ブリーダーが見かけ、新種の可能性があると考えて引取り、本格的な繁殖が開始されました。

1989年にはTICAという国際的な品種認定団体より正式「アメリカンボブテイル」という名称で登録を果たしており、現在ではメインクーンとの交配をしながら独自の性質を持った猫として認知されるに至っています。

そのため「ボブテイルを持ったメインクーン」というふうに呼ばれることもあるようで、落ち着いた大柄な猫として家の主のようなどっしりした態度で生活をしていることがよくあります。

ちなみに「ボブテイル」という短い尻尾は日本のミックス猫で多く見かけるものでもあるのですが、日本猫に見られるものは「ジャパニーズボブテイル」として別の品種として扱われます。

アメリカンボブテイルの尻尾は長さこそないもののふっくらとした長い被毛を持っており、ふんわりとした扇のような形にも見えます。

成猫になると体重は7kg以上になることもあります

アメリカンボブテイルは非常に大きいサイズにまで成長するということが大きな特長です。
同じく大型猫の品種として知られているのが「メインクーン」ですが、アメリカンボブテイルも成猫になったときのサイズはほとんど変わらないくらいにまでなります。

具体的には体重が7kg以上になるということも珍しくなく、大きな個体になると10kgを超えることもあります。
体重が重いといってもいわゆるデブ猫というわけではなく、かなりがっちりした筋肉質な体型をしているというところも注目です。

ですので大きくなったアメリカンボブテイルに触ってみると、まるでチーターやリンクスのようなネコ科の肉食獣のような印象を受けます。

しかしアメリカンボブテイルは飼い猫としてブリーディングをされてきたこともあって性格は全般的におとなしめであり、社交的で飼い主によく慣れる賢い猫です。