1. >
  2. >
  3. 保護猫を引き取って里親になろう

保護猫を引き取って里親になろう

保護猫を飼う為の最低条件とは

猫を飼いたいと思った方で、猫を飼う方法は大きく分けて二つあります。
まずはペットショップで猫を買うという方法と、もう一つは保護猫の里親になるといった方法です。

今回はこの保護猫を飼うという点に焦点を当てたいと思いますが、そもそも保護猫の里親になる為にはいくつかの条件がありますので、簡単に保護猫を飼いたいからといって飼えるものではありません。

そして、初めて保護猫を飼う人であれば、尚更ご自身のご自宅が保護猫にとって過ごしやすい環境なのかという点は最低条件として事前に確認をしておかなければなりません。

賃貸であればその物件が猫などのペットを飼育して良いのかどうかという点は当然確認をしなければいけませんし、何よりペットであろうと大切な命を授かるという点を絶対に忘れてはいけません。

一人だけで飼うということであれば、気にしなくていいですが、既にご家族がいる場合はご家族の賛成を得ているのかという点も最低条件として挙げられるでしょう。
ご家族の協力がなければ保護猫を飼うことは非常に難しいでしょう。
そして最後に費用面です。

ペットを飼うということは子供を育てるということと変わりはありませんので、生きていく為に食料や医療費など様々な面で費用が発生してしまいます。
単純にどの程度の費用がかかるのかは一概には言えませんが、最低でも100万円は1匹につきかかる費用ということを念頭に置いておきましょう。

里親になる為には

保護猫の里親になる為には、いくつかの条件があるということをご存知でしょうか。
どんな人でも簡単に保護猫の里親になれるわけではありません。
そしてまず里親になる前に保護猫だけに限らずペットを飼うということは、命を授かるという覚悟がない人でなければいけませんので、この点は絶対に忘れてはいけません。

保護猫の里親になる為の方法として、一番簡単で早いのがインターネットを利用することでしょう。
里親募集を行っている保護団体などが運営するサイトにアクセスし、自分に合う保護猫がいたら里親募集に応募することで、里親になる為の第一歩が始まります。

応募したからといって里親になれるわけではなく、里親を募集していた方からサイト内を通じて返信がきますので、その返信をもって実際にご自身が保護猫を飼える状態にあるのかといったようなことのやり取りを行います。

そのやり取りをもって、ご自身が里親になることが認められれば保護猫を飼うことができます。

ただし、里親になることが決定したとしても実際に里親を募集していた方から厳しい条件などを提示される場合がありますので、その点は保護猫を飼う前にしっかりと相手先と詳細な連絡を取ることが大事です。