1. >
  2. >
  3. お家がボロボロにならないように爪とぎを準備しよう

お家がボロボロにならないように爪とぎを準備しよう

猫が爪をとぐ理由

本来、狩りをする習性のある猫にとって、爪は獲物を捕らえるために大切なものです。
爪とぎをして表面の古い角質をはがし、するどい爪を出しているのです。

また、マーキングの一環でもあり、爪とぎをすることで、猫の肉球から強い匂いをつけ、自分の縄張りを主張しています。
爪とぎをした後の爪痕にも、縄張り主張の意味があるそうです。

爪とぎの上に座る猫

爪とぎの選び方

爪とぎにはいろいろなタイプがあります。
たとえば、キャットタワー一体型のタイプや、ベッド型のタイプなどです。

選び方としては、猫の好きな材質を選ぶことが重要です。
段ボールや麻巻きボールタイプ、本物の木でできたものなどが主です。
他には、爪とぎそのものの安定性があるかどうかを見ます。

猫は、力をいれて思いっきり爪とぎができないと満足しません。
その原因となるのが安定性ですので、ずれないように粘着テープを貼るか、床に固定するタイプを選ぶか、滑り止めを使用するタイプなど、ずれない工夫や商品を選びましょう。
中でもキャットタワー型が安定性からもおススメとなります。

爪とぎの上手なしつけ方法

猫が室内のどこかで、ガリガリと爪とぎを始めた瞬間、すかさず用意しておいた爪とぎ器を猫の前に持っていき、あてがいます。
または、爪とぎ器の場所にさっと連れていって、続きをそこでさせてあげましょう。

問題なくそこで爪とぎができたら、終わった直後に思いっきり褒めてあげます。
わかりやすくご褒美におやつをあげてもよいでしょう。
「爪とぎをするならここで」と認識するまでそれを繰り返します。

家がボロボロにならないために

あちこちで爪とぎをされてはボロボロになってしまいますし、賃貸なら高額な修理費を請求されるかもしれません。
そんなときには、猫は柑橘系やお酢の臭いが苦手と言われていますので、その匂いを利用した爪とぎ予防のスプレータイプを使ってみてください。
その臭いを嫌がり、寄り付かなくなれば成功です。