1. >
  2. >
  3. 食べ過ぎてしまう原因とは

食べ過ぎてしまう原因とは

妊娠中や子育て中なら問題なし

寝ているネコ

妊娠中や子育て中の母猫は、ときに必要以上に食べ過ぎてしまうことがあります。
これは、その時期だけ高エネルギーを必要とするためであり、出産・子育てが一段落すれば落ち着いていきますので心配ありません。
または、急スピードで成長する子猫もかなりの量を食べることがありますが、こちらも成長に伴い、徐々に落ち着いていきます。

去勢・避妊手術をした後

去勢・避妊手術をした後の猫は、生理的なストレスから開放されて、食べ過ぎに走ることがあります。
特に、去勢をしたオス猫に多く、食欲が旺盛になってしまいがちとのことです。
去勢・避妊手術をした後の猫は肥満になりやすいので、飼い主が食事の管理をしっかりとしてあげなければいけません。

寂しさによるストレス

猫は寂しがることはないと考えられていますが、犬と同じようにかまってほしいと思う猫もいます。
そのような猫は、飼い主が忙しくてスキンシップがない、あるいは家を空けがちになると、ストレスがたまり、飼い主がいるときはべったりになり、空腹でもないのに空腹のようにニャアニャアと甘えて鳴き、食べ過ぎになってしまうというものです。
この場合は、精神的に不安定になっていますので、飼い主の方はそれに気づいてあげてください。

そして、少しでも時間を作って愛猫とのスキンシップをきちんととってあげましょう。
猫も愛情を受けて満足、安心ができたら食べ過ぎの行為も落ち着くはずです。

あるいは、多頭飼いの場合も、甘えたいだけで飼い主におやつをねだることがあります。
やはりコミュニケーションやスキンシップは大切だということになります。

食べすぎないように

ストレスによる食べ過ぎの場合は、まずそのストレスを取り除いてあげましょう。
それ以外の場合、あまりにも肥満になってしまいそうなら、ダイエットが必要です。

1日の食事量を少し減らす、あるいは、ダイエットフードの利用が便利です。
きちんと飼い主が食事管理をしてあげてください。