1. >
  2. >
  3. 室内飼いなら定期的に行いたい爪切り

室内飼いなら定期的に行いたい爪切り

猫の爪切りとケア

室内で猫を飼う時は行いたい爪切りです。
この爪切りは猫にとっては大事です。
爪切りの重要性とか頻度、暴れないようにする方法も知っておくとより効果的にケアすることができます。

爪とぎしているけど、猫の爪切りは必要なの?という人も多いのではないでしょうか。
猫にとって爪は重要な武器でもあります。
獲物を見つけたときとか縄張り争いでケンカになった時に武器は手入れするのが大きな特徴です。
猫は爪とぎで古い爪をはがして爪を鋭く保っているのです。

傷とか臭いをマーキングしたりストレス解消したり気分転換したりとつめとぎは大事です。
爪が伸びるとなにかに爪がひっかかって折れることもあります。
家具が傷だらけになることもありますし、飼い主が爪で怪我させられることも多いです。
爪が伸びているとこの怪我の原因にもなります。

猫の爪を切る頻度ですが、猫種によっても異なっています。
年齢でも異なるのですが、生後1年未満の子猫は1週間から10日で爪は元通りになります。
1歳以上の成猫は2週間から3週間で爪が伸びるのです。

子猫は週に1回からそれ以上の猫は2週間に1回、高齢猫は3週間に1回程度の爪切りです。
肉球を軽く押してみると爪がとがっていることもあります。
爪がとがっているときは爪切りをするとケアすることができます。

猫の爪切りの方法は?

猫の爪切りは効果的な方法はしらないという人も多いのではないでしょうか。
猫の爪は内側にクイックという神経と血管が通っている部分もあるので知っておくとより効果的に爪切りのケアすることができます。
爪切りのタイプですがハサミタイプとギロチンタイプの2種類です。
飼い主の好みで使いたい爪切りを使うこともできるのです。

前から切ると怖がる猫も多いです。
爪切りは後ろから行うようにすると猫も怖くないです。

猫をひざに乗せて額をなでるようにしたりマッサージするとリラックスして爪切りができます。
爪が割れたらネコ専用の用意が大事です。
人間の爪切りで切ると爪が割れるので注意です。

爪切りは飼い主がするのですが爪切りをさせてくれない時もあります。
爪切りが苦手な猫は多いです。
暴れる時は洗濯ネットに入れて網目から爪だけ出したり体全体をバスタオルで巻くと効果的です。
集中できる時間が短いという猫は、1度に爪のケアをせずに爪は2本とか3本から切るのが良いでしょう。

動物病院でも爪切りしてもらうことができるようになっています。
トリマーにお願いをしても爪切りしてもらうことができます。
猫の爪を切るのは苦手という人も多く、動物病院で切ってもらっている人も多いです。
爪切りは、是非参考にしてケアしてみることをおすすめ致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です