1. >
  2. >
  3. 規約を確認!マンションでも飼えますか?

規約を確認!マンションでも飼えますか?

賃貸で猫を飼う為の入居前チェック

一昔前までは猫や犬は戸建ての住宅でしか飼えないイメージがありましたが、最近では、マンションやアパートなどペット可能な賃貸物件も増えてきました。

賃貸でペットが可能な物件が増加傾向にあることは飼い主やこれからペットを飼おうとしている人にはとても喜ばしいことではありますが、入居前には大家さんにペット可能かどうかはもちろんのこと、その物件ごとで禁止事項なども異なりますので必ず事前に確認をした方が良いでしょう。

ペットが可能な賃貸だからといっても大家さんごとでその限度は違ってきます。
そして、ペットを飼う場合には大家さんへの確認は当然ですが、その物件が本当にペットと過ごしやすい物件なのかを入居前に判断する必要もあります。

まずは、玄関ですが、通常であればシューズケースがあるかや玄関が広いかなどを確認しますが、猫などのペットを飼う予定の人はリビングから玄関に繋がる廊下にドアが付いているかを必ず確認して下さい。

ドアが付いていないと、玄関のドアを開けた際に猫がそのまま外に飛び出してしまう可能性があります。
ワンルーム賃貸などはリビングと玄関の境目がない場合がありますので、要注意です。
続いてはキッチン周りです。

キッチン周りは猫にとって危険がたくさん潜んでいる場所となります。
包丁などの刃物は当然のことながらガスコンロなどの火器類なども非常に危険なものとなりますので、キッチンに猫が入れないようにペットフェンスを置けるかどうかも含めて事前に確認をしておきましょう。

マンションで猫を飼う為の注意点

マンションで猫を飼うとういうことは、当然のことながら隣接した部屋に他の住人がいるということを改めて認識しておきましょう。
猫などのペットは住民トラブルの元となるケースが非常に多いですので、事前に対策できる部分は万全の対策を取り、可愛い猫と楽しく過ごせる努力を怠らないようにしましょう。

そんなマンションで猫を飼う為の注意点として、まず挙げられるのが騒音対策です。
猫の場合、発情期になりますと大きな鳴き声をあげますので、この鳴き声は飼い主ではない住人にとっては非常に不愉快ですし、深夜などの時間になりますと、更に不快感が増すでしょう。

この問題はしつけでどうこうできる問題ではありませんので、解決方法としては不妊手術もしくは去勢手術を行う方法しかありませんので、マンションで猫を飼う場合にはこのような騒音対策は行うようにしましょう。

次にニオイ対策です。
ニオイの原因はベランダにトイレを置いてしまうことで発生します。
ベランダは隣に入れないようにする為だけの仕切りですので、意外と壁一枚だけとなっている賃貸が多いです。

従って、ベランダにトイレを置いてしまうとすぐに隣のベランダにニオイが漂ってしまいますので、必ずトイレは室内に置くようにして下さい。
このようにマンションで猫を飼う場合には周りの住人に十分に気を遣わなければいけませんので、最低でも今回ご説明した点は守るようにして下さい。