1. >
  2. >
  3. 熱中症になってしまう前に気を付けたいこと

熱中症になってしまう前に気を付けたいこと

猫の熱中症

猫は人間と同じように夏は熱中症になることもあります。
暑い夏に熱中症にならないようにするには何が効果的なのでしょうか。

猫は熱中症になると夏バテ症状も出るのが大きな特徴です。
熱中症というのは、高温多湿の環境下で体温調節機能がうまくできずに高体温になるものです。
気温が高いとか湿度が高いとか風が弱いのも原因になります。
日差しが強いとか締め切った室内も原因です。

エアコンがない部屋にいると熱中症になりやすいです。
猫は呼吸が早くなったり元気がなくなったり、食欲不振が熱中症の症状です。
呼吸が浅くて早い場合も注意です。

肩で息をすることがあるのですが猫の平常時の呼吸数は1分で20回から30回です。
1分に50回も呼吸をしている場合は熱中症もあります。

口を開けてハアハアいって呼吸しているのも注意です。
よだれをたらしてぐったりしているのも要注意です。
歩くことができないので、脱水症状が出ているというものです。
目目とか口の粘膜が赤く充血して嘔吐することがあります。

痙攣とか意識がないというのは熱中症でも重度です。
意識混濁、意識喪失で呼びかけても反応がないです。

猫の熱中症レベル

猫の熱中症は注意です。
応急処置でカラダを冷やして症状が収まるのは熱中症レベルは1です。
症状が収まらないこともあるので、動物病院に行って診てもらうのが良いでしょう。
猫を涼しい場所に連れていくと回復することがあります。

水も飲ませることで水分補給することができます。
熱が下がらないとか呼吸が荒い時は動物病院で診てもらうのが良いでしょう。

応急処置をして動物病院にいって緊急の治療する熱中症レベル3もあります。
キャリーバッグにクールマットとかタオルでくるんだ保冷剤を入れます。
そこに猫を寝かせるのが熱を下げるのに効果的です。

炎天下、晴天時以外にも雨の日は熱中症になりやすいのが大きな特徴です。
湿度が高い日も熱中症になりやすいのです。

ペットの熱中症は7割が室内で起きているというものもあります。
締め切った空間では熱中症になりやすいのです。
狭い閉鎖空間があるのですが直射日光があたる場所も多いです。

エアコンも良いですし、遮光カーテンも熱中症対策になります。
遮光カーテンを使っていないという人も多いのではないでしょうか。
遮光カーテンは熱中症対策にとても重宝すること間違いなしです。
室内は大丈夫という人も多いのですが、カーテンとエアコンは大事です。

夏場は湿度も高いですし、暑いと水分不足になります。
水分が多く含まれているフードをあげたり熱中症対策するのがポイントです。
水も飲んで水分とってトイレに行くのが良いでしょう。
熱中症対策は室内飼いしている人も大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です