1. >
  2. >
  3. 通院にかかる費用

通院にかかる費用

動物病院は自由診療

猫の診察・治療・手術にかかる料金について、高額に感じる飼い主の方がほとんどだと思います。
また、どれくらい準備すればいいのかもわかりづらい部分があります。

人には保険がありますが、動物は基本全額負担になってしまいますので、どうしても高いと感じてしまいます。
最近ではペット保険も増えていますので、これから猫を飼うのに治療費が心配だという場合には調べて見る事をおススメします。

動物病院は自由診療になっており、定められた受診料や治療費の基準がありません。
その理由は、診療に対しての価格や基準を獣医師たちが料金を決めることを法律で禁じているためです。

要するに、病院毎に自由に料金を設定できることになりますので、同じ治療・同じ薬でも、病院によって料金が異なるということになります。
料金がいくらくらいかわかりづらく、全額負担で、しかも病院毎に異なるのですから、飼い主が不安になってしまうのも無理はありません。

通院にかかる費用の目安

きっちりと決まった料金ではありませんので、あくまで目安になりますが、これくらい準備しておけばいいと考えてください。
初診料約1,500円、受診料(平日)約2,300円、(夜間)約4,500円、三種混合ワクチン約4,500円、四種混合ワクチン約6,500円、入院費1日約2,700円、入院費(ICU)1日約3,800円となります。
また、去勢・避妊手術の場合ですが、去勢手術約13,000円、避妊手術(卵巣・子宮切除)約21,000円、全身麻酔約10,000円、レントゲン約4,000円、歯石除去約9,000円となっています。

例をあげると、歯周病の治療で麻酔・歯石除去で1~3万円、結膜炎の治療で診察・薬の処方で8千~1万円、骨折をしたケースで検査・手術・入院・通院で20~25万円となります。
あくまで平均となりますので、どこの病院かによって実際の金額は異なります。

ただし、目安を知らないで病院にかかると、不安に感じるのと、高額な費用に驚いてしまうことがあります。
去勢・避妊手術は仕方がないですが、愛猫には健康でいてもらうことが一番です。