1. >
  2. >
  3. 血便を出したら

血便を出したら

猫の血便の仕組み

猫が血便を出した時、猫の血便の仕組みとか血便から考えられる病気もあります。
血便を出したら動物病院で診てもらうこともできます。
血便というと、人間でも怖いイメージがあります。

猫の血便が出る仕組みですが消化の過程で便に血が混じることはないです。
口から食べた食べ物が胃に入って小腸と大腸を通過して肛門から排出される時に血便が出ているというものです。

血便は動物病院で診てもらうのが良いでしょう。
ただ、うんちの形状はチェックすることが大事です。
うんちは濃い茶色をしているのが大きな特徴です。

コロッとした固さがあって水分も含まれているのでツヤもあります。
柔らかいとか泥のような下痢、水みたいな下痢とか固くてカチカチの便秘等があります。
血液が便に付着していてポタポタと垂れていたのかも大事です。

血便が出ると病気かな?と感じます。
ただ、猫の血便は状態もチェックすることが大事です。
たとえば、ごはんは食べているかとか水を飲む、元気があるのか等です。
嘔吐があったり血尿もあれば病気の疑いがあります。

猫の血便と病気

猫の血便が出ると病気も原因の場合があります。
細菌性胃腸炎はカンピロバクターとかサルモネラ菌の細菌が原因です。
嘔吐とか悪臭のある下痢といった症状もあるので細菌を除去するのが効果的です。

子猫とか老猫、免疫力が低下していると腸内細菌のバランスも崩れるので注意です。
免疫力が低下して起こる病気も多いです。

ウイルス性の胃腸炎もあります。
猫パルボウイルスというウイルスで感染症です。
食欲不振とか元気消失の他にも激しい下痢とか嘔吐があります。

高熱が出たり脱水が出たり子猫とか高齢の猫は死亡率も高いです。
子猫は心筋にウイルスが感染すると命に関わるので死亡することがあります。

腸にウイルス感染は腸の粘膜が破壊されて激しい下痢と血便も出ることもあります。
腸粘膜が破壊されると本来、腸内にいた細菌が血管に入る敗血症も起こるので注意です。

寄生虫性のものもあります。
寄生虫が腸管に入ると下痢が起こります。

食物性のものは食べ過ぎとか食べ慣れないものをたべたのが原因です。
食物アレルギーも下痢の原因です。
炎症性腸疾患は炎症を起こす細胞が消化器粘膜内に広がると起こる胃腸疾患です。

慢性的な嘔吐とか下痢とか血便もあります。
血便が出る病気はけっこう多いですし、動物病院で診てもらうこともできます。

動物病院は病気の検査もしてくれるので少し猫の健康状態が良くないという時は行ってみるのも良いでしょう。
健康状態は便でも知ることができるようになります。
便のチェックは、毎日欠かすことができないです。
猫の健康状態は便から知ることも大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です