1. >
  2. >
  3. 猫風邪とは

猫風邪とは

猫風邪を引き起こす原因

猫風邪は、猫ウイルス性鼻気管炎(ヘルペスウイルス)、猫カリシウイルス感染症、クラミジア、マイコプラズマの4つの病原体によって引き起こされます。
これらの病原体によって人の風邪に似た症状が引き起こされ、それを「風邪」と呼んでいますので、厳密には病名ではなく症状を表しています。

猫風邪を発症したら、発熱をして体温が上がります。
冬場でも涼しいところへ行って横たわっていたら注意してください。

猫風邪の症状

猫風邪になる原因の大半を占める猫ウイルス性鼻気管炎の場合、くしゃみや鼻水、目やに、涙目、結膜炎、口内炎といった症状が引き起こされます。
子猫の場合は食欲がなくなり、衰弱してしまうこともありますので、猫風邪を軽くみることはできません。
成猫の場合は、自然治癒で治るケースもありますが、免疫力が弱い子猫は、他の細菌感染を併発し、症状がさらに重くなってしまう危険性があり、命にかかわる可能性もありますので十分に注意が必要です。

自然治癒したといっても、完治していることにはなりませんので、まだ体内にウイルスが潜んでいます。
なにかのきっかけで、免疫力が落ちたときや、他の病気が引き金になって、また猫風邪をぶりかえすということも考えられます。
病院に行って診察と治療を受け、しっかり治すことが大切です。混合ワクチンを接種しておくようにしましょう。

猫風邪の治療法

猫風邪には、抗生剤、抗ウイルス剤の投与をして治療します。
処方された薬をきちんと飲めば治すことができる症状です。

重症でなければ抗生剤を使った治療ですが、根本的治療が必要な場合には抗ウイルス剤を用います。
目ヤニが出ている場合は目薬を点眼したり、食欲がなく衰弱がひどい場合には点滴をするケースもあります。

猫風邪だからと、人間用の風薬を与えることは厳禁です。
薬によっては猫の症状が悪くなり、命を落としてしまう危険性もあります。
自己判断は絶対にしないようにしましょう。