1. >
  2. >
  3. 猫エイズとは

猫エイズとは

猫エイズの感染ルート

猫エイズとは、猫免疫不全ウイルス(FIV)によって引き起こされます。
正式には猫後天性免疫不全症候群といいますが、長すぎるため「猫エイズ」と呼ばれています。

エイズと聞くと恐ろしいイメージですが、猫エイズが人に感染することはありません。
ただし、猫にとっては重大な病気であることも確かですので、正しい対応をするためにも、飼い主は猫エイズについて、正しい知識を持っておく必要があります。

猫エイズの症状は3段階

猫エイズは感染から発症まで期間が長く、約5年かかります。
そのプロセスは3段階に分かれています。

「急性期(感染4~6週間)」には、鼻水や下痢のような軽い症状が見られるようになります。
リンパ節も腫れることがありますが、これらの症状は元気な猫であれば次第に落ち着きます。
「無症状キャリア期(潜伏期)」は、急性期の症状が落ち着き、健康なときの状態と変わらないように見えます。
しかしながら、無症状でありながら、体内ではウイルスがゆっくりと増殖しており、依然として体は猫エイズウイルスをもっている状態ですので、他の猫へ猫エイズを感染させてしまう可能性が高くなる時期と言えます。

「猫エイズ発症期」には、無症状キャリア期に増殖したウイルスによって、別の症状が引き起こされます。
口内炎や歯肉炎の症状が多く見られるようになり、ケガをしてもなかなか治りが悪い、常に鼻水をたれている状態、皮膚炎、脱水症状、食欲がないという症状が出てきてしまいます。
そのまま症状が悪化して、死にいたります。

猫エイズの予防

すべてが死に至るということでもなく、陽性であっても、一生発症せずに寿命をまっとうする猫もいます。
ただし、猫エイズには治療法がありませんので、予防してあげることが大切です。

予防方法は、猫を飼いはじめてすぐウイルス検査をして、陰性であれば、去勢・避妊手術をしておくと、交尾や喧嘩などでの感染を防ぐことができます。
また、完全に家の中だけで飼うという選択もあります。