1. >
  2. >
  3. 高所からの飛び降りは骨折に注意

高所からの飛び降りは骨折に注意

猫は高所から落ちても着地するって本当?

猫は高いところから落ちても着地できるとよく聞きます。
実際、猫は高いところが大好きで、高いところから、ひらりと飛び降り、軽快な身のこなしで着地することができます。
その秘密は、「内耳」にある三半規管が、地面に着地するまでの距離を予測し、脳に伝えることで、すばやく体勢を立て直し、肉球で衝撃を吸収しながら上手く着地するためです。

猫の飛び降り事故

木の上から、屋根の上から、見事な着地を見せてくれる猫ですが、猫も生身の生き物ですから、高所から落ちても平気と言っても、当然ながら限度があります。
実際に、猫の高所からの飛び降りで、骨折などのケガをすることも珍しくなく、猫の転落事故や死亡事故も非常に多く発生しています。

猫が落ちても無事に着地する高さは、6~7m程度と言われています。
2階建てくらいの高さということになります。

上から見下ろすネコ

過信し過ぎないように

そこまで高い位置からの飛び降りでなくても骨折するケースがあります。
特に、マンションやアパートからのベランダから、外を眺めていて落ちるパターンです。

その理由は、体をねじりながら体勢を立て直す距離が足りず、着地に失敗するというケースです。
高いところが好きでも、着地が上手でも、過信をし過ぎてはいけないということになります。
猫が落ちる理由には、自ら飛べると思って飛び降りる場合もありますが、それ以外には、予期せぬ出来事に驚いて、慌てて行動して落っこちたり、滑る材質の上を歩いていて滑ってしまったり、あるいは、普段なら落ちても平気な高さでも、運動不足で身体能力が落ちていて対応できないということもあります。

飛び降り防止対策

飛び降りて骨折だけではなく、手足や下半身に麻痺が残るというケースもありますのでちゃんと対策をしておきましょう。
猫の飛び降りを防止するには、猫をベランダに出さない、あるいは、手すりが滑らないように工夫する、転落防止ネットをしておく、などの基本的な対策をしておきましょう。