1. >
  2. >
  3. 異物誤飲に気を付けて

異物誤飲に気を付けて

猫の異物誤飲

私たち人間の生活には、口にすると危険なものが身の回りにたくさんあふれています。
人の赤ちゃんと同じく、猫も好奇心から、何の気なしに物を飲み込んでしまいます。

異物誤飲したとしても、自然に便から出てくることもありますが、危険な場合は開腹手術で取り出したり、発見が遅れて命を落とすこともあります。
「異物誤飲」は、非常によく発生する事故になりますので、飼い主が気をつけてあげなければいけません。

舌をだすネコ

こんな症状は異物誤飲かも!

異物誤飲が疑われる症状には、ぐったりして動こうとしない、食欲がなく物を食べない、呼吸が苦しく、乱れている、吐こうという仕草だけで吐けない、頻繁に吐く、といったものがあります。
これらの症状から、消化管のどこかで飲み込んだ物が詰まっていると考えられます。

物を飲み込むと「喉」「食道」「胃」「小腸」「大腸」「肛門」に移動していくのですが、異物誤飲をした場合、喉・食道・胃のどこかで詰まることが多く、喉で詰まれば呼吸ができず、胃で詰まると胃の中を傷つけてしまいます。
幸運にも、大腸まで到達できれば、そのまま通過して便となって排出される可能性が高いです。

異物誤飲しがちな物

ティッシュ、布、アルミホイル、糸やひも、リボン、マット、猫用のおもちゃ、アクセサリー類、輪ゴム、ヘアゴム、ビニール袋などを誤飲しがちです。
つまり、どこの家庭でも見渡せばどこにでもありそうな物を飲んでしまっています。

猫の口に入るものは全て対象になると考えておきましょう。
特に、猫の気をひく鈴、キラキラのアクセサリー類、猫が好む食感のマットのような生地は十分注意が必要です。

大きいものでも、猫はひきちぎってでも食べることがあります。
それを言い出すと、きりがありませんが、可能性があるということを認識しておきましょう。
アクセサリー類のようにひっかかりがあるような物は、内蔵を傷つけ、腸管を壊死させたり、消化管を切り裂いたり、腹膜炎を起こしたりという重症になる危険性もありますので、猫の視界に入れないようにすることを心がけましょう。