1. >
  2. >
  3. 嘔吐から病気の見極め方

嘔吐から病気の見極め方

猫が嘔吐

猫が嘔吐することがありますが、この嘔吐は病気が原因もあります。
元気な猫でも嘔吐して吐くことがあるのですが飼い主は心配です。
猫が吐く原因は多岐にわたります。
危険な嘔吐もありますし生理的なものなのか病気なのか知っておくとより効果的に対応することができます。

元気でも猫が吐く原因は消化がされていないドライフードを食べた時です。
猫がごはんを食べてすぐに吐くのも多いです。
フードを早食いして消化吸収できないのも原因です。

他にも一度にたくさんの量を食べすぎてしまい消化されなくて吐くのです。
フードは胃までいっていないので食道に溜まっている異物を吐き出すというものです。

病気が原因の嘔吐ではないのですが病気が原因の嘔吐もあります。
おなかが過ぎすぎて吐くこともあることです。
人間でもおなかがすきすぎると吐きそうになることがあります。

猫もごはんとごはんの時間が空きすぎて胃の中が空っぽになり胃液とか胆汁が出ることもあります。
ごはんの量を変えるのではなくごはんの回数を増やすのが効果的です。
嘔吐は食道炎や胃炎の原因になります。

猫が嘔吐するのは病気?

猫が嘔吐するのは病気のこともあります。
胃とか腸のトラブルで食べ過ぎとか食べ慣れないものを食べると胃腸炎になります。
異物の誤飲とか毛玉を飲み込んでしまって吐き出せなくて嘔吐することも多いです。
消化器官の通過障害とか胃とか腸の腫瘍があることもあります。

嘔吐以外にも下痢とか便秘の症状が出ていたり食欲不振とか元気消失・痩せるというものもあります。
全身症状が出ることもあるので、猫が嘔吐している時は症状もみることも大事です。

老廃物が尿として排泄されずに血中に残り全身に毒素が回ることもあります。
尿毒症になるので注意です。
尿毒症も嘔吐があります。
尿毒症は急性と慢性腎不全とか心不全で血圧低下したり尿路結石も嘔吐が出ることもあります。

中毒のものは農薬とか殺虫剤、人用の薬とかネギ類とかチョコレートです。
観葉植物も猫はユリ科のものが中毒になります。
ほとんど消化していないフードを吐いた時は注意です。
早食いとか食べ過ぎで吐き戻しした時もありますし黄色い液体を吐いた時は病気の疑いがあります。

透明な液体とか白い泡を吐いた時は空腹が原因です。
繰り返し吐くのは胃炎とか食道炎が原因です。

吐き戻しする猫はガツガツ食べるタイプが多いです。
早食い対策の食器で嘔吐の予防もすることができます。
毛玉を吐く時はブラッシングも大事です。

毛玉の排泄しやすいフードとかラキサトーンといったサプリメントもあるのが大きな特徴です。
こうしたサプリメントで毛玉を排泄すると嘔吐もしなくなります。
ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です